2016年12月13日

ACCラジオ部門アンダー29 試し聴きのススメ

フジモトです。
今さらのようで恐縮ですが、
ACC「ラジオCM部門 アンダー29」
入賞作を聴いて驚きました。
代表制作者が29歳以下という部門ですが
いい作品がそろってますね。

(リンク)2016 ACC ラジオCM部門 アンダー29

「アンダー29」の全体的な印象として
「いいアイデアが素直にカタチになっている」と思いました。
ラジオCMの原稿に初めて(改めて)取り組むなら、
この入賞作11本を聴いてみると、
作り方やクオリティの参考にしやすいかもしれません。
ご興味ある方はぜひ聴いてみてください。

紹介だけだと味気ないので、
11本の中からぼくが適当に選んだ5本について、
簡単にコメントしてみます。
キーワードは「シンプル」「前半と後半のつながり」「人柄」です。

(1)ゆうパック「届けたかったもの」60秒

「届く」というメッセージが伝わるように、
前半では「届かなかった」ことを振り返るという
シンプルな構成になっています。
「届かなかった」ことそれぞれに人の姿が浮かび、
その人たちの気持ちが感じられます。
CM(&商品)を人にたとえるなら「誠実な人」になると思いました。

(2)パナソニック/ボウズカッター「気にしてない」20秒

このCMも聴けばわかる単純明快さです。
(1)のゆうパックとは、秒数も雰囲気も対照的ですが、
シンプルな構成という点では共通しています。
前半の会話から一転、商品がオチになる展開が見事だと思いました。
「明るくさっぱりした人」のようなCMです。

(3)中部CM合同研究会「言葉の限界に挑戦シリーズ」20秒×3

ナレーターの質問にそれぞれの人が答えるというシンプルな構成で
「言葉の限界に挑み続ける」というメッセージを伝えています。
「赤ちゃんがどこからやってくるかを…」という、
微笑ましくも際どい質問が効果的です。
あなたならどう答えますか? 
CM(商品)を人柄で表すと「意欲的な人/挑戦する人」になると思いました。

(4)有料老人ホーム みかんの郷「送ってね!」20秒

もともとは公募ラジオCMの入選作です。
膨大な応募作の中にあっても言葉のリンクが目立った原稿だったはずです。
リンク先参照)
豊かな自然に囲まれた「老人ホーム」にふさわしい、
温かいやりとりになっているところがいいと思いました。
CM(商品)を人柄で表すなら「温かい人/優しい人」になりそう。

(5)ゆうちょ銀行「お金の手ざわり」60秒

「え、そんなことやっていいの!?」と思わせておいて、後半へと繋がるCM。
音を効果的に使いながらも、気持ちにうったえかける内容になっています。
人柄でいえば、「いたずら好きだけど、誠実な人」だと思いました。

以上、いかがでしょうか。
アンダー29入選作のうち(4)「送ってね!」がシルバー入賞など、
何本かはACCラジオ部門本体でも入賞しています。
(ブロンズ:「歓びの小銭」。ファイナリスト:「お金の手ざわり」「○○ドン」)

これからラジオCMの原稿を書いてみようという方は、
アンダー29入選作の11本を聴いてそれに負けないものを目指すのも、
ひとつの基準として分かりやすいのではないかと思いました。
11作品全部を聴いても7分20秒。
ラジオCMに今日がある方は、ぜひお聴きになってみてください。

(ふじもと)
posted by ランダムハウス at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

会社の窓から

161126.jpg

上は会社の窓から見えるスズカケの木です。
11月の末に撮った写真です。
この頃がちょうどいい色で、毎日楽しみにしていましたが、
あっという間に茶色が濃くなりまして、数日後には下の写真です。

1129.jpg

ここまで茶色になるともうあまり色は変わらないようですが
風が吹くと乾いた音を立てて散っていきます。
舗道にびっしり落ち葉が積もる日もあります。
見上げると、ずいぶん葉っぱが減ったなあ...
こうして街路樹も冬を迎えるんですね (なかやま)




posted by ランダムハウス at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | なかやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。