2016年12月13日

ACCラジオ部門アンダー29 試し聴きのススメ

フジモトです。
今さらのようで恐縮ですが、
ACC「ラジオCM部門 アンダー29」
入賞作を聴いて驚きました。
代表制作者が29歳以下という部門ですが
いい作品がそろってますね。

(リンク)2016 ACC ラジオCM部門 アンダー29

「アンダー29」の全体的な印象として
「いいアイデアが素直にカタチになっている」と思いました。
ラジオCMの原稿に初めて(改めて)取り組むなら、
この入賞作11本を聴いてみると、
作り方やクオリティの参考にしやすいかもしれません。
ご興味ある方はぜひ聴いてみてください。

紹介だけだと味気ないので、
11本の中からぼくが適当に選んだ5本について、
簡単にコメントしてみます。
キーワードは「シンプル」「前半と後半のつながり」「人柄」です。

(1)ゆうパック「届けたかったもの」60秒

「届く」というメッセージが伝わるように、
前半では「届かなかった」ことを振り返るという
シンプルな構成になっています。
「届かなかった」ことそれぞれに人の姿が浮かび、
その人たちの気持ちが感じられます。
CM(&商品)を人にたとえるなら「誠実な人」になると思いました。

(2)パナソニック/ボウズカッター「気にしてない」20秒

このCMも聴けばわかる単純明快さです。
(1)のゆうパックとは、秒数も雰囲気も対照的ですが、
シンプルな構成という点では共通しています。
前半の会話から一転、商品がオチになる展開が見事だと思いました。
「明るくさっぱりした人」のようなCMです。

(3)中部CM合同研究会「言葉の限界に挑戦シリーズ」20秒×3

ナレーターの質問にそれぞれの人が答えるというシンプルな構成で
「言葉の限界に挑み続ける」というメッセージを伝えています。
「赤ちゃんがどこからやってくるかを…」という、
微笑ましくも際どい質問が効果的です。
あなたならどう答えますか? 
CM(商品)を人柄で表すと「意欲的な人/挑戦する人」になると思いました。

(4)有料老人ホーム みかんの郷「送ってね!」20秒

もともとは公募ラジオCMの入選作です。
膨大な応募作の中にあっても言葉のリンクが目立った原稿だったはずです。
リンク先参照)
豊かな自然に囲まれた「老人ホーム」にふさわしい、
温かいやりとりになっているところがいいと思いました。
CM(商品)を人柄で表すなら「温かい人/優しい人」になりそう。

(5)ゆうちょ銀行「お金の手ざわり」60秒

「え、そんなことやっていいの!?」と思わせておいて、後半へと繋がるCM。
音を効果的に使いながらも、気持ちにうったえかける内容になっています。
人柄でいえば、「いたずら好きだけど、誠実な人」だと思いました。

以上、いかがでしょうか。
アンダー29入選作のうち(4)「送ってね!」がシルバー入賞など、
何本かはACCラジオ部門本体でも入賞しています。
(ブロンズ:「歓びの小銭」。ファイナリスト:「お金の手ざわり」「○○ドン」)

これからラジオCMの原稿を書いてみようという方は、
アンダー29入選作の11本を聴いてそれに負けないものを目指すのも、
ひとつの基準として分かりやすいのではないかと思いました。
11作品全部を聴いても7分20秒。
ラジオCMに今日がある方は、ぜひお聴きになってみてください。

(ふじもと)
posted by ランダムハウス at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

すぐに終わりますから。

東京FMのラジオ番組「澤本・権八のすぐに終わりますから。」
ヤマハのラジオCMを取り上げてもらいました。
このCMのコピーは電通の礒部さんです。



女子:「こ〜んなかわいい私を振るなんて、ケンジのバカ〜!!!!!!」
   って大声で叫んだら、変な人と思われちゃうけど。
SE:(「「こ〜んなかわいい私を振るなんて、ケンジのバカ〜!!!!!!」
   と同じ音階をサックスの音色で)
女子:…ってサックス吹けば、バレないし、超気持ちいい!
N:どんな想いも、いい音にする。YAMAHA

澤本さん、権八さん、中村洋基さん (PARTY)のコメントは
・20秒でキレがいいCM
・アイデア一発もの(想いを音楽に変える)
・ヤマハのブランド広告
・きっちりまとまっている
・教科書的
などなど。

そして、このCMは工夫すればもっと良くなるという話がありました。
もし澤本さんが後輩からこの企画の相談をされたとしたら、
こんな風にアドバイスするそうです。
・アイデアはいい
・前半のセリフをいろいろ書いて録音してみて一番いいのを選べばいい

これには他の方々も賛成で、セリフをひとつに決め込まずに
「最後まで間口を広くとっておく」(権八さん)ことで、
さらにいいものができるかも…とのことでした。

ふむふむ、なるほど…

収録現場を思い返すと、このCMは
ヤマハの講師の方のサックスを先に録音して、
後日セリフを合わせています。
またサックスは何十テイクも録って、ベストテイクを選んでいます。

当時は条件のなかで精一杯やったと思っていましたが、
もう一手間、ふた手間かける方法もたしかにありますね。
単純な企画やコピーの良し悪しではなく、
方法論についての話がとても刺激になりました。

150311ヤマハ.jpg

いま進んでいる企画も、
どんな手間がかけられるか考えるのが楽しみです。(ふ)


posted by ランダムハウス at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

通勤写真

みなさんこんにちは。

帽子くん.jpg

自転車通勤をしていると、
ときどき気になるものにであいます。

犬猫.jpg

これは墨田区の空き地。
犬とネコは字が読めないので、
人に向けて書いたものでしょう。

危険ドラッグ.jpg

こちらの注意表示は
危険×危険が強調されています。
ここまで言われれば
手を出さないでおこうと思いました。

ビルボード.jpg

何かと情報量が多すぎる時代。
このビルボードは素敵です。
思わずデジカメのシャッターを。

勝海舟.jpg

幕末と21世紀が触れあう1枚。
勝海舟も今でいう墨田区生まれなのですね。

今日も隅田川沿いに自転車で帰ります。(ふ)

帽子くん のコピー.jpg




posted by ランダムハウス at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

砂糖の発音あれこれ

アラビア語の書き方をご存知ですか。
たとえば「砂糖=スッカル sukkar」の場合、
パソコンのキーボード設定をアラビア語にして
「s」「k」「r」を表す文字を入力すると
自動的に続け字にしてくれます。
これで「砂糖=スッカル」が書けました。

アラビア語_砂糖.jpg

このアラビア語「スッカル」の発音は
フランス語の「スークル sucre」とよく似ています。
スッカル(ア)→ スークル(仏)→ シュガー(英)
モロッコ人、フランス人、アメリカ人の友達に
発音してもらったので聞いてみてください。



これら「砂糖」を意味する言葉はもともと
古代インドのサンスクリット語から来ています。

シャルカラ sharkara (サンスクリット語)

シャカル shakar(ペルシャ語)

スッカル sukkar(アラビア語)

サッカルム saccharum(中世ラテン語)

スークル sucre (フランス語)

シュガー suger (英語)

sugar141115.jpg

他にもヨーロッパ諸国、中南米、フィリピンなど
世界各国で同じ語源の言葉が話されています。
日本語の「砂糖」も「砂」の音だけは
古代インドの sharkara に由来するのだとか。

ちなみに、上の sukkar-sucre-sugar では
スピーカーの音を拾いました。
その後、録音ソフトを使用して
インド人の友達にも喋ってもらいました。
(サッカライsakkarai 南インドのタミル語)
こちらの方がノイズがなくきれいに録れるようです。



他にもいろんな言葉を集めてみたくなりました。

(ふじもと)



posted by ランダムハウス at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

ハロウィンを祝いますか?

今週はハロウィン・ウィーク!
ハロウィンを祝うかどうか海外の人に教えてもらったので
いつくか紹介してみます。

ikebana.jpg
関西在住のミュージシャンEさん作のハロウィン生け花



<祝う>
・「アメリカではモンスターの仮装をするよ。
  子供たちは近所をまわってキャンディを集める。
  僕は一年のなかでもこの季節が好き!」(米国・男)

・「今年のパーティーではカボチャの種のローストが出るみたい。
  私はまだ食べたことないけど…」(米国・女)

・「あちこちでハロウィンのイベントがあるよ。
  みんなお化けのコスプレをしたり、
  遊園地では期間限定のお化け屋敷もできる。
  肝試しツアーなんかもある」(オランダ・男)

・「今週末はうちでパーティーをやりますよ。
  子供会と青年会が主催するパーティーです。
  ハロウィンはもともとアイルランドのお祭り。
  それがアメリカで盛んになったのだと思います」
 (ブラジル・男)

・「数年前から盛んになってきました。
  子供たちは仮装して近所の家を回ります。
  町のあちこちでパーティーもあって、
  怪談を聞いたりしてますよ」(フィリピン・女)

・「10月の終わりになると墓地を掃除、
  11月1・2日はキャンドルをともして教会でお祈りするよ。
  もち米の料理もつくります。
  ハロウィンは楽しいけど、
  亡くなった人をしのぶ日でもあるので
  悲しい気持ちになることも…」(フィリピン・女)

<祝わない>

・「ポーランドではハロウィンは祝いません。
  11月1日は「諸聖人の日」というカトリックの行事があります。
  信心深くない人にとっても家族と一緒にすごす大切な日です。
  墓地を訪れて蝋燭をともし、
  先祖の墓にお祈りします」(ポーランド・男)

・「ポーランドでは「諸聖人の日」だけど、
  最近はクラブでハロウィン・イベントもあるね」
 (ポーランド・男)

all-saints-day-poland.jpg
出典:All Saints’ Day in Poland

・「ハロウィンは祝いません。
  一年でいちばん賑やかなお祭りは
  ラマダン明けのハリラヤ・プアサです」(マレーシア・男)

・「韓国にハロウィンはないけど、
  遊園地でハロウィンパーティーをやったことがある」
 (韓国・男)

・「ハロウィンはないけど、
  最近は学校で子供向けの行事もちらほらと。
  仮装パーティーをやるナイトクラブもありますよ」
 (トルコ・女)

・「その(生け花の)写真かわいい〜!」(エジプト・女)

・「そのハロウィンの花は素晴らしいわ」(フランス・女)

・「モロッコでは祝いません。
  でも仮装パーティーをする学校もあるみたいです」
 (モロッコ・女)

・「私はやらないけど、何かやってる人たちもいるわ。
  よく知らないけど」(ロシア・女)

・「インドでは秋にディワリというお祭りがあって盛大に祝います。
  これはヒンズー教の「火の祭り」で、
  ランゴリという灯りの飾りを作ったり、
  クラッカーを鳴らしたりします」(インド・男)

Rangoli.jpg
インドの高校生B君作のランゴリ。中央の蝋燭の周りにはピースマーク

(ふじもと)


posted by ランダムハウス at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

SNS世界めぐり

SNS.jpg

SNSとは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略。
会議でもおなじみの言葉ですが、最近こんな話をききました。
「アメリカではSNSとは言わない。私は social media と呼んでいる」。
えっ、SNSってアメリカから入ってきた言葉じゃなかったの? 
興味がわいたので簡単なリサーチをしてみました。
フェイスブックやツイッターをSNSと呼ぶかどうか聞いてみたところ、
20カ国以上の人が返事をくれたので、紹介します。


【アメリカ大陸】
「SNSという言葉は聞いたことがない。
 “social networks”と呼んでます」(アメリカ・女・主婦)

「フェイスブックとかツイッターとかの名前で呼ぶ。
 学校のレポートでは social media という言葉もつかいます」
(アメリカ・男・学生)

「僕は Social Networking Site と呼んで、オンラインではSNSを使う。
 アメリカ人は Social Mediaという言葉も使いますよ」
(アメリカ・男・学生)

「SNかRed Social か、それぞれの名前」(プエルトリコ・女)

「social networks と呼ぶ」(コスタリカ・女)

「Rede social と呼びます。これは Social Network という意味」
(ブラジル・男)

「SNSと言われてもピンと来ないですよ」(ブラジル・男)

【東アジア〜インド】
「うちの国ではSNSと呼ばれています。僕はメールと呼んでいますが…」
 (韓国・男)

「韓国ではフェイスブック(略して フェブック)。
 ツイッターはそのまんま」(韓国・男)

「韓国でも SNS って言いますね ^^」(韓国・女)

「フェイスブック、または social media と呼びます。
 whatappは最近すごく人気があります」(香港・女)

「中国語ではFBのことを脸谱(意訳)、
 Twitterを推特(音訳)と言います。
 そういう類のアプリを社交軟件と言います」(中国・男)

「中国ではフェイスブックは使えないので、
 SNSという呼び方もないです。
 ツイッターと似た 『Sinaミニブログ』があります」(男)

「日本人の友達からSNSと聞いたときは K-POPか何かかと思った(笑)。
 私は social mediaと呼んでるけど。
 日本人は別の呼び方を発明したってこと?」(フィリピン・女)

「ニュース記事では social media という用語が使われますよ」
 (フィリピン・女)

「僕らはそれぞれの名前で呼ぶよ。
 マスコミは Social Media または Jejaring Sosial (Bahasa語)。
 若い人は SosMed(=Sosial Media) と略すね」
(インドネシア・男)

「SNSという言葉はオンラインゲームで知ったけど、
 日本のブログサービスの名前かと思ってた」(インドネシア・男)

「ヤフーとかフェイスブックとか、それぞれの名前で呼ぶ。
 新聞は social network と書きます」(ベトナム・男)

「SNSとは言いません。そのままフェイスブックとかツイッターとか。
 たまには Social Network とも言います」(タイ・男)

「もちろん使うよ! social network service の略だからね」
 (ネパール・男)

「social media って呼ぶよ」(インド・男)

「ゲームやってるとき 『SNSでシェアしますか?』とよく聞かれる。
 日本でも使われているとは知らなかった。
 韓国カルチャーが大好きな友達は SNSって言うわ」(インド・女)

【中東〜北アフリカ】
「ふだんはフェイスブックとかの名前で呼んでる。
 ときどき social media も使う」(パキスタン・男)

「それぞれの名前で呼びます。
 ニュースでは social media と呼ばれてる」(トルコ・女・学生)

「フェイスブック、ツイッターなど、それぞれの名前です」
 (エジプト・女・学生)

「SNSという言葉は初めて聞いた。アラビア語では
 مَوَاقِعُ ٱلتَّوَاصُلِ ٱلإِجْتِمَاعِي」(モロッコ・女・学生)

「réseau social(=social network) です。
 موقع التواصل الاجتماعي というのは
 ソーシャル・コミュニケーション・サイトという意味だね」
(アルジェリア・男)

「social networking service で利用されているのはフェイスブックだけ。
 大人はFacebook、若者は fb と呼んでる」(チュニジア・男・学生)

【ヨーロッパ】
「ポーランドでも social media って言うね」(ポーランド・男・学生)

「Sotzialna Mrezha (Социална Мрежа)、
 つまりSocial Networkと呼んでます」(ブルガリア・男・学生)

「ロシアでсоциальная сеть (ソッシアールナヤ セッチ)と呼びます。
 でもTWITTERとかはSNSじゃなくて、『ミニブローグ』と言いますよ」
 (ロシア在住日本人・男)

「スペインではRedes sociales(Social network)です」
(スペイン・男)

「イングランドでは social network(ing) 。
 でもふだんはフェイスブックやツイッターという名前で呼んでる」
(イギリス・男)

などなど(似たような回答は一部省略)。
コメントを見るかぎり、SNSという呼び方が一般的なのは
日本・韓国・ネパールということだろうか。
こういう質問がすぐにできてしまうのもSNSの面白いところかも。

(ふじもと)


posted by ランダムハウス at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

医者のカンバン

doutor.jpg

会社のそばにもありますが、
自転車通勤途中にみかけたドトールコーヒー。
ドトールはポルトガル語でお医者さん、
つまりドクターのことだそうです。
「医者」「医者」「医者」…
ブラジルの人には
そんな風に見えるのでしょうか。

(ふじもと)
posted by ランダムハウス at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

博多にて

ラジオ番組収録で博多に行ってきました。
JR博多シティは2011年オープンした日本最大規模の駅ビル。

10645231_914715915222962_4496659763277443208_n.jpg

縁あって、イスラム教のモスクも見学。
アフリカ出身の青年が
親切に案内してくれました。

1525609_915145221846698_1324294491486523569_n.jpg

聖典コーランは小さな木の台の上に。
祭壇は正確にメッカの方角を向いているそうです。

10660210_915144945180059_12451317799056906_n.jpg

収録前のミニ旅行。
800年前の古戦場・元寇防塁を散歩。

1545698_916871985007355_396048303458401323_n.jpg

番組ではさまざまな社会問題を扱います。
世界とのつながりのなかで、
また歴史の流れのなかで捉えてみると
新しいアイデアがいろいろ沸いてくる気がしました。

(ふじもと)


posted by ランダムハウス at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

ラスト・バイオリン

140818violin白黒1.jpg

ラジオ番組テーマ曲のバイオリン録音。
演奏は末延麻裕子さん(奥)。
作曲の廣田幸一さん(Laugh & Peace, 手前右)と
ミキシングエンジニアの柳田敬太さん(手前左)。

20年以上歴史のあるスタジオですが、
諸事情により8月いっぱいで閉鎖、
これがラストの音楽録音だったそうです。
そう思うと、なかなか貴重な写真かも。

ちなみに下は、Laugh&Peaceのミュージックビデオ。
廣田さん自身も出演しています。
ヒロイン藤田陽子さんはいま
劇作家の野田秀樹さんの奥さんなのだとか。(ふじもと)





posted by ランダムハウス at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

打ち合せ飲み(荻原君)

140821ホパ1.jpg

ランダムハウスで修行して
この夏からFM局でがんばっている
荻原君と久々に。

奥はCMや映画予告ナレーションでも活躍中の
俳優・根本博成さんと
大日のミキシング・エンジニア藤田さん。

仕事の打ち合せ兼、飲み会でした。

(ふじもと)


posted by ランダムハウス at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ふじもと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。